サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸に副作用はあるの?

妊娠初期の女性に向けて、厚生労働省が摂取を勧める葉酸。ママと赤ちゃんの健康を支える栄養素ですが、とりすぎても問題はないのでしょうか?
また、サプリメントでとる場合は、量だけでなく他のサプリメントや栄養補助食品との同時摂取も気になるところです。
今回は、妊活・妊娠中の人が葉酸を摂取するときに覚えておきたい危険性や副作用、注意点についてみてみましょう。

葉酸に副作用はあるの?

葉酸に副作用はある?

葉酸はほうれん草をはじめとした葉物に主に含まれるビタミンB群の一種です。妊婦さんは非妊娠時よりも葉酸を多くとることが勧められており、食事で補うことが難しい場合は、サプリメントの活用も推奨されています。
サプリメントは栄養バランスを整える手段として便利ですが、妊活や妊娠中の女性は赤ちゃんへの影響が気になるものです。特に、副作用の心配が大きいのではないでしょうか。
葉酸サプリメントの摂取による副作用について、明確なエビデンスはありません。基本的には、普段の食事にプラスして飲むものですが、摂取するうえで注意すべき点はあるようです。ここでは、妊娠時期ごとの注意点をみてみましょう。

葉酸に副作用はある?
妊娠初期の注意点
葉酸は、タンパク質や核酸の合成に関わり、細胞の分裂や増殖を促す栄養素。おなかの赤ちゃんが正常に発育するためのサポートに欠かせないものです。
妊娠初期は脳や脊髄など赤ちゃんの重要な器官を形成する時期なので、このときに細胞分裂に必要な葉酸が不足しないように摂取する必要があります。
しかし、妊娠のごく初期は自身の妊娠に気がつかない人がほとんど。一般的に、妊娠6週前後で妊娠が発覚する人が多いですが、脳や脊髄など神経系のもととなる神経管は妊娠4週〜5週頃につくられます。
つまり、妊娠に気がついてから葉酸の摂取を意識し始めても、もっとも大切な時期に葉酸が不足してしまうおそれがあるのです。
そのため、厚生労働省は妊娠を計画する1カ月以上前から妊娠3カ月までは、食事での栄養管理に加えて栄養補助食品の摂取を勧めています。摂取量は、妊娠初期は食事でとる1日あたりの推奨摂取量240㎍に加えて、サプリメントをはじめとした健康食品で400㎍が目安です。
妊娠後期の注意点
妊娠初期を過ぎても、妊婦さんにとって葉酸は欠かせません。葉酸は血液を構成する赤血球をつくるビタミンとしても知られており、妊娠中の女性にとって健康を支える栄養素のひとつです。
妊娠中の女性は赤ちゃんに栄養や酸素を送るために血液量が増加します。しかし、量の増加に伴って血液の濃度は下がってしまい、身体にさまざまな影響を与えることが。特に、妊娠後期は血液の増加量が多くなるため、血液濃度を上げることを意識しましょう。
血液濃度を上げる助けになるのが、赤血球をつくる葉酸です。妊娠後期は初期ほどではありませんが、葉酸を多めにとるのが望ましいでしょう。

葉酸の過剰摂取のラインは?

食事に加えてサプリメントで葉酸をとると、過剰摂取にならないか不安を感じる人もいるかもしれません。葉酸に限らずサプリメントを飲みはじめるときは、その成分に定められた上限摂取量を覚えておき、とりすぎに注意しましょう。

葉酸の過剰摂取のラインは?
とりすぎになる基準
葉酸の過剰摂取が問題となるのは、サプリメントを規定量よりも多く飲んだときです。サプリメントに使われる主な葉酸はプテロイルモノグルタミン酸と呼ばれる成分で、食品に含まれる葉酸よりも吸収されやすい性質があります。
サプリメントや栄養補助食品などから摂取する葉酸の耐用上限量は1日あたり900〜1,000㎍とされています。通常の食事以外からとる場合は、摂取する葉酸の量がこの上限を超えないように注意しましょう。
この上限量は化学的につくられた人工性葉酸のプテロイルモノグルタミン酸で示されています。吸収率が低い食事性葉酸のポリグルタミン酸の場合は、同様ではありません。たとえば、1日あたりの推奨摂取量とされる400㎍のプテロイルモノグルタミン酸は、ポリグルタミン酸に換算すると800㎍になるといわれています。
そのため、人工性葉酸を摂取する場合は、とりすぎに注意が必要なのです。サプリメントのなかには、天然素材から抽出したポリグルタミン酸を使用したものもあるので、選ぶ際は葉酸の種類にも注目したいですね。
妊活・妊娠中の目安となる摂取量
妊活・妊娠中に葉酸サプリメントを飲む場合は、サプリメントや栄養補助食品による推奨摂取量400μgが配合された葉酸サプリメントを選ぶといいでしょう。
妊婦さん向けにつくられた葉酸サプリメントは、妊娠中に必要な量を補えるように計算されているので、普段の食事にプラスするだけで1日に必要な量を手軽に補うことができます。
しかし、サプリメントと一口にいっても、その種類はさまざま。健康だけでなく美容もサポートする成分や栄養素を含んだサプリメントもあります。そこで気をつけたいのが、サプリメントや栄養補助食品を複数一緒にとるケースです。
栄養バランスが気になるからといって複数のサプリメントや栄養補助食品を摂取すると、1日の上限量を超えてしまうことがあります。特に、ダイエットや美容を主な目的とした栄養補助食品などは、無意識のうちに葉酸サプリメントと同時に摂取してしまっていることもあるでしょう。
妊娠中に複数の健康食品をとりたい人や医師から処方された薬がある人は、サプリメントを飲みはじめる前に医師に相談してください。ママと赤ちゃんの健康を維持するためにも、適切な量や飲み方を守ることが大切です。

葉酸にはどんな副作用・デメリットがある?

では、葉酸を過剰摂取した場合、身体に何らかの副作用やデメリットが起こるのでしょうか。
現在まで、葉酸のとりすぎによる疾患はないとされていますが、1日1,000㎍以上の葉酸を摂取すると、ビタミンB12欠乏症による「巨赤芽球性貧血」の診断がしにくくなるおそれがあるといわれています。
巨赤芽球性貧血とは、ビタミンB12や葉酸の欠乏によって現れる悪性貧血のことです。赤血球をつくるB12や葉酸が不足すると赤血球が巨大化することがあり、全身に酸素が運ばれにくくなるなどして貧血につながるおそれがあります。巨赤芽球性貧血は若い人ではあまりみられませんが、妊娠中は注意したいところです。
巨赤芽球性貧血の症状には、頭痛やめまい、吐き気、消化不良、味覚・知覚異常、視力障害、神経障害などがあります。過剰摂取に心当たりのある人がこれらの症状を感じた場合は、摂取量を見直して医師に相談してみてください。

葉酸にはどんな副作用・デメリットがある?
赤ちゃんの喘息のリスク
2009年にオーストラリアで行われた研究によると、妊娠後期に葉酸サプリメントを摂取すると、子どもの喘息がわずかに増加したという報告がありました。
子どもの食物アレルギーは、親のアレルギーの有無や出生時期、ほかのアレルギーの有無、栄養法などさまざまな影響があると考えられます。ママが葉酸を摂取した時期の影響も調べられており、葉酸の摂取と食物アレルギーとの関連性は今後も研究が進められていくようです。

葉酸のとりすぎを避けるための方法は?

葉酸サプリメントはとりすぎに注意が必要ですが、実際にとる場合、どうすればとりすぎを避けられるのでしょうか。用法を守ることはもちろんですが、その選び方にも気を使いましょう。妊活・妊娠中の大事な時期にとる食品ですから、使用されている素材や品質にも注目したいですね。

葉酸のとりすぎを避けるための方法は?
添加物に注意
食品はできるかぎり加工されていない形で摂取するのが理想的です。サプリメントのなかには、天然素材を使用したものもあるので、そうしたものを選ぶことをお勧めします。
さらに、合成添加物や保存料にも気を配りたいところです。化学薬品や石油を使用したサプリメントの場合、過剰摂取すると赤ちゃんの喘息リスクが高まる可能性もあります。
サプリメントは薬ではなく食品です。原材料にもこだわり、野菜の栄養素が凝縮されたものを選びましょう。
発売・製造元に注意
口にするものを選ぶときは、その発売・製造元の確認も重要です。気になる商品をみつけたら、まずはそのメーカーの情報を調べてみましょう。ホームページやパンフレットには、商品に関する説明が記載されています。素材の選定や品質管理、検査などに力を入れているメーカーなのかどうか注目しましょう。
葉酸の含有量に注意
葉酸は赤ちゃんの発育をサポートする大切な栄養素ですが、とりすぎによるデメリットも懸念されます。そのため、葉酸の含有量が多いサプリメントが、良いサプリメントとは単純には言えません。
良質なものは、適量を配合し、ママや赤ちゃんの健康を考えたうえで素材を吟味してつくられています。一日の最低摂取必要量の400㎍が配合されたもので十分なので、含有量の多さをアピールしているものよりも品質で選ぶといいでしょう。
価格よりも品質重視で選択を
品質にこだわったサプリメントは原材料が効果なことが多いため安価で販売することが難しく、購入を迷う人が多いかもしれません。ママと赤ちゃんにとって大切な妊娠の時期にとるものは品質を考えたいですね。
また、比較するとき、葉酸以外に含まれている栄養素にも注目してみてください。ほかの栄養素も豊富に含まれているとその分価格も高い傾向にありますが、栄養バランスを整えるうえで役立ちます。
妊娠中は葉酸だけを補えばいいわけではありません。まずは普段の食事でバランスよく栄養をとりましょう。そのうえで自分にあった補い方を考えてみてはいかがでしょうか。

葉酸サプリは容量を守って摂取しよう

ママの健康と赤ちゃんの発育に役立つ栄養素の葉酸。サプリメントで摂取する際は、過剰摂取にならないように必要摂取量を守ることが大切です。また、葉酸のとりすぎにならないよう、天然素材を使ったサプリメントを選ぶのもひとつの手。妊活・妊娠中の身体を支える葉酸だからこそ、しっかりと考えてとるようにしましょう。

葉酸サプリは容量を守って摂取しよう
参考文献

次のページ >
「葉酸の多い食べ物20選 妊娠中におすすめの野菜・果物は?」

葉酸に副作用はあるの?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。