サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸の基礎知識

葉酸を過剰摂取した場合の影響は?

葉酸は、妊婦さんには必須といわれるビタミン。厚生労働省が推奨していることもあり、食事とサプリメントでどんどん摂ってしまいそうですが、摂れば摂るほど良い効果があるのでしょうか? 過剰摂取によるリスクが心配な方のため、摂りすぎるとどうなるのかまとめました。

葉酸を過剰摂取すると
葉酸の摂取量は一日の上限として1000㎍を推奨されています。一日の摂取量が多すぎると葉酸過敏症を起こし、発熱やじんましん、かゆみ、呼吸障害などの症状が出ます。また、葉酸を過剰に摂取することによって、ビタミンB12の欠乏の診断が遅れる可能性があり、ビタミンB12欠乏症の神経症状を悪化させてしまう恐れがあります。さらに葉酸が亜鉛と複合し、小腸からの亜鉛の吸収を抑制してしまう場合や、高齢者の場合は認知症の引き金になることもあるといわれます。
サプリメントの量さえ守れば大丈夫
このように、過剰摂取した場合にはさまざまな葉酸過剰症が報告されています。しかし葉酸は水や熱に弱く、もともと食品からの摂取が少ない栄養素です。葉酸を多く含む野菜の代表であるほうれん草でも、茹でた100gのほうれん草からは110㎍程度の摂取に留まります。また、葉酸は体内に蓄積はされない性質があり、使われなかった分は尿と一緒に排出されます。なので、食品からの過剰摂取はほぼないと言ってもよいでしょう。
補助食品であるサプリメントは、含有量による適切な用量がパッケージに書いてあるはずです。それを守れば問題なく充分な量を摂取することができます。決められた用量を守らずやみくもに飲み続けることさえ避ければ、過剰摂取のリスクは避けることができるでしょう。
葉酸は「不足」を注意するべき
葉酸は水や熱に弱く、食べ物からの摂取量が少ない栄養素です。さらに吸収率も低いことがわかっています。そして不足すると、貧血や胃潰瘍などを引き起こし、妊娠中であれば胎児に影響が出ます。過剰摂取よりも欠乏に注意が必要なビタミンですから、食事+葉酸サプリメントで必要な量を摂取するように心がけましょう。

次のページ >
「葉酸に副作用はある?」

葉酸を過剰摂取した場合の影響は?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。