サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸の基礎知識

気をつけよう!葉酸と一緒に飲むとき注意すべき薬

サプリメントと薬の飲み合わせ、何を注意すべき?
サプリメントの中には、医師から処方されている薬や薬局で市販されている薬、食品、そのほかのサプリメントなどと一緒に飲むと、健康によくない影響が出るケースもあります。いわゆる「飲み合わせ」と呼ばれるもので、飲み方に注意が必要な薬などですが、葉酸のサプリメントと飲み合わせが悪いものにはどんなものがあるのでしょうか。
まず初めに、抗てんかん薬の「フェニトイン」「カルバマゼピン」「バルプロ酸」などは、葉酸と一緒に取るときは注意が必要な薬です。これらの抗てんかん薬は、葉酸の血中濃度を下げてしまう作用があります。
鎮痛剤や睡眠薬、抗てんかん薬などに注意!
また、アスピリンやインドメタシンなどの消炎鎮痛剤、経口避妊薬のピル、バルビツール酸系の睡眠・鎮静薬、抗生物質のクロラムフェニコール、抗炎症薬のスルファサラジン、抗がん剤でありリウマチ薬でもあるメトトレキサートなども、葉酸の吸収率を下げる作用があります。
さらに、チアジド系・ループ系の利尿薬には、葉酸の排出量を増やしてしまう薬があります。コレステロール治療薬のコレスチラミンは、葉酸の吸収を阻害するという報告もあります。
これらの薬と併用する場合は、サプリメントなどで十分に葉酸を補っているつもりでも、体内では葉酸不足になってしまう危険があります。葉酸不足は胎児の奇形にもつながるため、これらの薬を飲んでいる場合、十分に葉酸の濃度が保たれているかどうか注意が必要です。
心配な場合は医師、薬剤師に相談を!
薬の服用によって体内の葉酸濃度が低くなってしまうという影響のほかに、葉酸が服用中の薬の効果を下げてしまうというケースもあります。例えば、葉酸を摂取することで、抗てんかん薬の血中濃度も下がります。また、抗がん剤のメトトレキサートも、葉酸摂取によって効果が弱まってしまいます。
ここでは、葉酸との飲みあわせに注意が必要な薬をあげました。一方で、薬はどれも病気治療などの目的があって服用するものです。勝手な判断で服用をやめると、病気が悪化するなど、かえって健康に影響する可能性があります。心配な場合は、医師や薬剤師などに相談しましょう。

次のページ >
「産後の抜け毛に葉酸はよいの?」

気をつけよう!葉酸と一緒に飲むとき注意すべき薬

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。