サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸の基礎知識

葉酸の摂取量はどのくらいが目安?

近年、厚生省が摂取を推奨している葉酸。これは妊娠初期の葉酸不足により、神経管閉鎖障害が引き起こされる可能性が高いことがわかったためです。妊婦さん以外でも、美容と健康のために葉酸不足を補うことは大切です。では、葉酸は一日にどれくらいの量を目安として摂取したらいいのでしょうか? 適正なバランスを保つ葉酸の摂取量について詳しく見ていきましょう。

まず必要なのは妊婦さん
厚生労働省がまとめた「第六次改訂日本人の栄養所要量」によれば、妊婦さんにとって葉酸は「1日400㎍(0.4mg)」が必要とされています。特に妊娠1か月から3か月までの妊娠初期は、赤ちゃんの成長のため、自分の妊娠中毒症や貧血を抑えるために基準量の葉酸の摂取を心がけましょう。また、葉酸は脳神経に働きかけ、心を穏やかにするともいわれているので、マタニティブルーの抑制も期待できるという見方もあります。このように妊娠初期には欠かせない栄養素なのです。
妊娠していない人は
葉酸は別名「血をつくるビタミン」とも呼ばれる水溶性ビタミンです。血液やタンパク質の生成に役立つ栄養素ですから、妊娠していない人や男性も摂取の必要があります。15歳以上の成人男女の基準値は、「1日200㎍(0.2mg)」です。ちなみに、必要だからといって過剰摂取はよくありません。摂取量の上限は1000㎍までが目安とされています。
葉酸の多い食べ物
「葉酸」の名の通り、葉ものの野菜に多く含まれるビタミンです。特に緑黄色野菜や豆類、レバーなどに多く含まれます。例えば、200gのほうれん草には210㎍の葉酸が含まれているといわれます。しかし、葉酸は水溶性ビタミンのため、調理などで加熱されると半分近くが失われてしまいます。野菜の大半はゆでたり炒めたりして食べることが多いので、基準量を毎日食べ物から摂取するのは意外に大変なこと。不足気味だな、と感じたら、サプリメントなどを利用して上手に葉酸を取り入れましょう。

次のページ >
「葉酸はいつからいつまでとる?妊娠時期ごとの摂取量」

葉酸の摂取量はどのくらいが目安?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。