サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸でつわりは本当に楽になる?

妊娠中の栄養状態は気になるもの。特に、つわりの時期は食事が思うようにとることができず、不安を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。
葉酸は胎児の発育を助けてくれる栄養素であるため妊娠中の摂取が推奨されていますが、つわりを軽減するチカラもあるといわれています。今回は、つわりと葉酸の関連性を紐解いてみましょう。

葉酸でつわりは本当に楽になる?

つわりとは?

妊娠初期に起こり、多くのママが苦しむつわり。そもそも、つわりとは何なのでしょうか? つわりは妊娠5〜6週に現れる一過性の悪心・嘔吐、食欲不振、食の好みの変化などのことをいいます。妊娠した女性の50〜80%に起こる生理的な現象で、正常な変化です。妊娠12週〜16週ごろに自然と治るのが一般的で、軽いつわりは病気ではないため医療を受ける必要はありません。
つわりの症状には個人差があり、人によっては前述の症状だけでなく、頭痛や眠気などを感じることもあるようです。また、症状の出方にも違いが見られ、一日中嘔吐を繰り返す人もいれば、ほとんど嘔吐をすることなくつわりの時期を終える人もいます。
空腹時に症状が強くなる人、匂いに弱くなる人、特定の食べ物しか受けつけなくなる人など、仕事中は症状がおさまる人などさまざまです。

つわりとは?
つわりの原因
つわりの原因ははっきりとわかっていませんが、ホルモンや心理的因子、環境因子などさまざまな変化にママの身体が適応できなくなるために現れると考えられています。
なかでも関わりが深いとみられるのが、妊娠によって分泌されるヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)というホルモンです。このホルモンは、つわりの症状が現れる時期に変動し、hCGのレベルが高いと症状がひどくなり、hCGのレベルが低いと穏やかになるといわれています。
妊娠悪阻(つわり)
つわりは病気ではありませんが、症状がひどくなった場合は病気として認められます。悪心(おしん)や嘔吐を繰り返して食事の摂取が難しくなると、栄養状態が悪くなったり、体重が減少したりすることがあります。食事はおろか水さえ飲めなくなると、脱水や飢餓状態に陥る可能性もあります。こうして栄養や代謝に障害が及び、治療が必要になった場合は妊娠悪阻と診断されます。
妊娠悪阻が重症化してビタミンB1が欠乏すると、ウェルニッケ脳症のリスクが高まります。ウェルニッケ脳症は意識障害、眼球運動障害、小脳失調などを起こし、場合によってはママの命にかかわることもあるのです。
命が助かった場合でも、約80%の人に健忘症候群(コルサコフ症候群)と呼ばれる後遺症が残るとされています。コルサコフ症候群になると記憶力が著しく低下し、昔の記憶がなくなったり、新しいことを覚えられなくなったりします。

葉酸がつわりを軽減する理由

葉酸がつわりを軽減するという説があり、なかには、つわり対策のために葉酸サプリメントを飲みはじめる人もいるようです。葉酸を摂取することによって、つわりが軽くなるといわれている理由を見ていきましょう。

葉酸がつわりを軽減する理由
ビタミンB6の効果
葉酸がつわりによいといわれるのは、実は葉酸でなく葉酸サプリメントに配合されているビタミンB6のおかげかもしれません。葉酸サプリメントには、妊娠中に必要な栄養素をバランスよく配合しているものもあるからです。
ビタミンB6は葉酸と同じビタミンB群の一種で、女性ホルモンのバランスを整える力があるといわれています。つわりの治療にも用いられていますが、その結果は研究によってまちまちであり、ビタミンB6がつわり治療に有効だと断言することは難しいようです。
しかし、その関連性は明確にはわかっていませんが、ビタミンB6とドキシラミン(抗ヒスタミン薬)の併用によって、妊婦の悪心・嘔吐が70%減少し、悪心・嘔吐による入院率が低下することが示されています。
自律神経への効果
ビタミンB6には精神状態を安定させる力があるとされており、ビタミンB6が不足すると神経のトラブルが起こりやすくなるという意見もあります。また、女性ホルモンと自律神経は密接にかかわっているため、女性ホルモンのバランスが整うことによって、自律神経のバランスにもよい影響が期待できます。
ビタミンB6は牛レバーやまぐろ、かつお、鶏のささみ、さつまいも、バナナなどに多く含まれているので、つわりでつらい時期は食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

つわりのときに葉酸サプリが飲めない場合

葉酸は胎児の発育を促す栄養素。胎児はママのお腹のなかで細胞分裂を繰り返すことで発育していきますが、それを支えるのが葉酸です。葉酸には細胞の増殖や分裂をサポートするチカラがあり、妊娠初期は胎児の器官をつくるために多くの葉酸を使います。
特に、妊娠初期は葉酸を多く必要とする時期です。妊娠初期は胎児が細胞分裂を盛んに行うため、このときに葉酸が不足してしまうと、発育や健康に影響が及ぶ可能性があります。
妊娠初期は1日あたり400㎍の葉酸をとることが大切です。妊娠を計画する1カ月前から妊娠12週までの摂取が推奨されています。
そのため、この時期は十分に葉酸をとりたいところですが、つわりの症状によっては、食事はおろか水すら受けつけないという人も少なくありません。赤ちゃんにとって重要な時期に食事からほとんど栄養がとれないとなると、赤ちゃんへの影響が気になる人も多いでしょう。
そんなとき、サンプリメントで葉酸をとろうとしても、飲み込むのが難しいこともあるでしょう。つわりでつらいときに葉酸サプリメントを飲むには、どのようにすればよいのでしょうか。

つわりのときに葉酸サプリが飲めない場合
タブレットを砕いて飲む
サプリメントは、多くがタブレットやカプセルなどの形状をしています。葉酸サプリメントが大きくて飲めない場合でも、タブレットタイプのサプリメントなら砕いて小さくすることができます。
手でうまく砕けない場合は、ピルカッターやタブレットカッターなどと呼ばれる医薬品やサプリメントを砕くための専用品もあります。悪心や嘔吐がつらいときは力を入れるのも大変なので、こうしたアイテムを用意しておくと便利でしょう。
ピルカッターやタブレットカッターはつわりの時期だけでなく、出産後も活用できます。子どもが大きくなるとタブレットを飲むときに苦戦するもの。特に、粒が大きなものはうまく飲み込めずに吐き出してしまうこともあります。
ピルカッターやタブレットカッターがあると、子どもの成長段階にあわせて飲みやすいサイズに切ることができて便利でしょう。
ゼリーと一緒に飲む
水で飲むのがつらいときは、ゼリーを使うのもひとつの手。ゼリーといってもお菓子でなく服薬用のゼリーが市販されており、薬やサプリメントをゼリーで包み込み、かまずに飲み込むことができます。
ゼリーなので食事がつらいときも食べやすく、のどごしも良好。食べやすいように味や香りが工夫されているものも多く、つわりのときの味方になるでしょう。サプリメントの味や匂いが気になる人にもおすすめです。
ただし、妊婦の方が使用する場合は、事前にかかりつけの医師に相談をしてください。服薬用のゼリーであっても糖分やカロリーがあるため、体重制限の必要がある人は控えた方がいいケースも考えられます。また、ゼリーにアレルゲンが含まれていることも考えられるので、配合成分の確認も必要です。

つわりの軽減方法

病気ではないとはいえ、悪心や嘔吐を繰り返す毎日はつらいもの。食事も思うようにとれず不調が続く毎日に、心身が疲れてしまうこともあるでしょう。できることなら、つわりを楽にしたいものですね。実際に、つわりを軽減する方法はあるのでしょうか?

つわりの軽減方法
つわりを楽にする方法は
つわりと一口にいっても、その症状はさまざまです。自分の症状や状況に適した対処法を覚えておくと、つわりを乗り切りやすくなるでしょう。では、それぞれの対処法を詳しく見てみましょう。

空腹時に症状が強くなる人
お腹がすくと嘔吐や吐き気を感じやすい人は、あめをなめるのがおすすめです。もしくは、食べ物を少量ずつこまめに食べるのもよいでしょう。空腹を防ぐことで症状が現れにくくなります。

仕事や外出時には一口大のおにぎりを数個用意しておくのも有効です。隙間時間に食べると、空腹にならないように調整することができます。3食だけではお腹がすいてしまいやすいので、自分にあった方法でこまめに食べられるものを用意しておくことをおすすめします。

水分で気持ち悪くなる人
水分をとると気持ち悪くなるからといって、水の摂取を減らしてはいませんか? たとえ水分で気持ち悪くなりやすい人でも、生きるために水分は不可欠です。氷なら気持ちよく食べられる場合は、氷で水分をとるのもよいでしょう。

水や氷以外の方法で水分をとりたいときは、野菜や果物など水分を多く含む食品を摂取するのもひとつの手です。無理なく水分補給ができるように工夫をしてみましょう。食事中に水分をとると吐き気を催す人は、せっかく食べたても負担になってしまうことが。嘔吐を防ぐためにも食間に飲むとよいでしょう。

吐き気が強くて食べられない人
栄養バランスを補うためだからといって、無理に食事をとらなくても大丈夫です。悪心や嘔吐などがあるときは、食べられそうなタイミングに無理なく食べられるものをとるだけでOK。

妊婦さんのなかには、ジャンクフードばかり好んで食べるようになる人も多いですが、つわりの時期は栄養状態よりも食べやすいものを食べることが大切です。

赤ちゃんへの影響は気になるところですが、妊娠初期に胎児が必要とする栄養はごくわずかだといわれています。まだ食事には過敏にならなくてもよいといわれているので、心身を穏やかに過ごすことを優先したほうがよいでしょう。

仕事や家事の負担が大きく休めない人
つわりの症状だけでなく、普段の生活環境が要因となって心身に負担を感じる人もいるようです。仕事や家事による負担が大きく十分に休む時間がとれない人は、まずは周囲の理解を得られるように働きかけましょう。

パートナーや上司、同僚などに協力を仰ぎ、家事や仕事のサポート体制を整えてみることも必要です。妊娠中はつわりの対策だけでなく、無理なく過ごせる環境づくりが欠かせません。

だるさや不快感でつらい人
悪心や嘔吐などの症状はなくても、だるさや不快感によって心身がストレスを感じている人も多いかもしれません。すこしでもストレスを和らげるためにも、ブラジャーやタイトな洋服など締めつけるものはやめてみてください。

嘔吐によって口の中が不快に感じる場合は、うがいの習慣をつけましょう。嘔吐後は必ず口をゆすぐように癖づけると、ねばつきや匂いなどの不快感は抑えることができます。また、歯磨き粉の匂いで吐き気を感じる人も少なくないようです。無香料のものに変えるなど工夫をこらしたいですね。

病院で治療する
一般的なつわりの場合は、治療を受ける必要はありません。しかし、症状が強く妊娠悪阻の可能性を感じる人は、病院で治療を受けましょう。妊娠悪阻は症状が重いだけでなく命にかかわることもあるため、適切に治療することが大切です。
つわりの症状を医師に伝えると、ビタミンB6や漢方など状態に適した薬が処方されます。点滴や入院での治療が行われるケースもあるので、医師の指示に従って治療を受けてください。
「つわりは病気じゃない」という意見もありますが、重症化した場合は母子の命にかかわる重い病気になることもあります。つらいときは自己判断をせずに、医師に相談しましょう。

つわりを上手に乗り切ろう

つわりの症状には個人差があるため、人によっては非常につらい可能性もあります。日常生活に影響を及ぼすこともあるため、普段の生活で軽減する方法を取り入れたり、葉酸やビタミンB6を摂取したりして、つわりを上手に乗り切りたいですね。

つわりを上手に乗り切ろう
参考文献

次のページ >
「妊娠中だけじゃない、葉酸の美肌効果にも注目」

葉酸でつわりは本当に楽になる?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。