サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸の効能・効果

妊婦にとって大事な栄養素

もしかすると妊娠している人なら「葉酸」という栄養素をよく知っているかもしれません。なぜなら母子手帳にも葉酸の必要性が記されているからです。
母子手帳によると、厚生労働省の定めた妊婦が葉酸をと摂取する推奨量は、成人の約2倍である400㎍(マイクログラム)と示されています。これは、妊娠すると葉酸を不足しやすくなり、体調を崩してしまう場合があることから定められた量になります。
妊婦にとって葉酸がよいのは、胎児の障害である「先天性奇形を避けるため」というイメージが強いかと思います。ですが、葉酸は先天性奇形のリスクを下げるだけでなく、生まれてくる赤ちゃんを元気にするためにも大切な栄養素となるのです。

元気な赤ちゃんを産むために必要な栄養素
元気な赤ちゃんが生まれてきて欲しいということは、妊婦さんの誰しもが願っていることだと思います。
赤ちゃんが丈夫で元気な体で生まれるためには、活発な細胞分裂が重要になります。母体の中で赤ちゃんは細胞分裂を繰り返しながら、少しずつ大きくなっていくからです。葉酸はこの細胞分裂を促す働きがあります。そのため、丈夫な赤ちゃんが成長するためには大切な栄養素といえます。
葉酸をとる時期
妊娠してることが分かってから葉酸をと摂取しようとすると、妊娠2~3か月経ってからのことになってしまいます。
妊娠初期から、もう葉酸などの栄養素が不足するようになっていますから、少しでも可能性がある方は普段から葉酸を多くとることを心がけましょう。特に妊婦さんは推奨されると摂取量が多いので、野菜だけでなくサプリメントなどを上手に組み合わせながらとることで、葉酸の摂取量を安定的に維持することができます。
食べ物に加えてサプリメントともなると、過剰にと摂取してしまうのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。しかし、葉酸の許容と摂取量は1日1000㎍ですので、野菜などに含まれる葉酸は水に流れやすいことなどを考えると、サプリメントの量を指示通り守っていれば過剰摂取になることはありません。妊娠をすると葉酸を始め多くの栄養が不足するものです。ほかの栄養素などと合わせて上手に摂取していきましょう。

次のページ >
「妊娠時は冷えに用心!」

妊婦にとって大事な栄養素

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。