サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

葉酸の効能・効果

「最近記憶力が…」それはひょっとして葉酸不足かも?

記憶力低下の一因は葉酸不足!?
年齢を重ねると、誰でも大なり小なり記憶力が衰えていきます。 科学的な統計データはありませんが、記憶力の衰えを最初に実感するのは人名などの固有名詞だと一般的にいわれています。誰もが名を知る往年のスターの名前を思い出せず「ホラ、あの、なんとかいう人」などと説明に困っている人を見かけたことはあると思います。 しかし、ひょっとしてその原因は加齢のせいではなく、葉酸不足にあるかもしれません。もしそうならば、葉酸を豊富に含む食べ物を積極的に食べることで記憶力アップにつながる可能性があります。
記憶阻害物質?ホモシスティン
アミノ酸の一種で「ホモシスティン」という物質があります。これは、血管に堆積して動脈硬化の原因になるとみられています。また、ホモシスティンは脳内の血管を老化させて神経細胞を弱らせ、認知症やアルツハイマー病のリスクを高めるともいわれています。
このホモシスティンの発生を抑制する効果があるとされているのが葉酸、ビタミンB12、ビタミンB6です。ビタミンB群が不足するとホモシスティン値が上昇することがわかっています。
栄養学で権威のメンバーで構成される「ビタミン広報センター」の発表によると、血中のホモシスティン濃度の高さと記憶の再生力低下の間には関係が認められ、ビタミンB群の不足とホモシスティン濃度の高さによって認識力の低下が予測されてしています。
この報告のもととなる研究は、アメリカのボストン大学の研究者らによって長年続けられた実験に基づいています。この研究によれば、野菜や果物など、葉酸を豊富に含む食べ物を長期にわたって積極的に食べ続けた高齢者は、そうでない同年代の人と比べて「記憶力や言葉を流ちょうに喋る能力が衰えにくかった」という結果が出ています。
記憶力は何歳からでも回復できる!
ただし、葉酸は「それだけ摂取していればいつまでも脳の若さを保ち続けられる魔法の栄養素」というわけではありません。しかし、記憶力を減退させ、心筋梗塞や脳梗塞の原因ともなるホモシスティンを抑制してくれる役割があることははっきりしています。高齢者の人は、食べ物だけから十分な量の葉酸を摂取するのが難しいのであればサプリメントを併用するなど、葉酸を欠乏させないための工夫が必要になります。
最近では高齢者の記憶力アップのためのトレーニング方法などがいろいろと開発されています。しっかりと栄養をとり、脳を鍛えることによって記憶力は何歳からでも回復できるようです。「もう年だから…」とあきらめず、積極的にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

次のページ >
「貧血退治は健康な赤血球づくりから」

「最近記憶力が…」それはひょっとして葉酸不足かも?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。