サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

高齢出産の注意点や準備 高齢で妊娠したときのリスクは?

晩婚化の流れから、妊娠や出産は30代になってからと考える人が多い時代になってきました。若い時期にキャリアを積んでおくことも大切ですが、女性は妊娠の時期を考えておくことも重要です。
35歳以上での出産は「高齢出産」と呼ばれ、さまざまなリスクが高まります。生まれてくる赤ちゃんとママの健康のために、高齢で妊娠したときのリスクについて考えてみましょう。

高齢出産の注意点や準備 高齢で妊娠したときのリスクは?

高齢出産とは?

少子化、晩婚化、晩産化……。女性の社会的躍進が活発になるにつれて、結婚や妊娠・出産は後回しになりがちです。出産前に着実にキャリアを重ねてきた人であっても、妊娠や出産、育児を経て復帰をすると居場所がなくなっていたというケースは珍しくありません。こうした子育て世代の女性に厳しい社会の影響から、産前・産後休業や育児休業の取得をためらう人も多いのではないでしょうか。
確かに、妊娠・出産を考えたとき、現代女性を取り巻く環境はやさしいとは言い難いですが、ライフプランを練るうえで、年齢についてはしっかりと考えておきたいところ。女性は年齢を重ねれば重ねるほど、妊娠・出産において赤ちゃんとママの健康リスクが高まってしまうためです。

高齢出産とは?
高齢出産の定義は何歳から?
一般的に、高齢出産は35歳以上の出産のことを指します。一人目は35歳以前に生み、二人目、三人目を35歳以上に生む場合も高齢出産と考えてよいでしょう。
ただし、「高齢出産」という用語自体に医学的な定義づけがなく、35歳以上の初産に限定して用いられるケースも多くあります。35歳以降の初産婦は高年初産婦とも呼ばれ、妊娠中や出産においてリスク面での注意が必要とされています。

高齢出産のメリットは?

高齢出産は身体への負担が大きいためにデメリットが取り沙汰されることが多いですが、実は、ママにも生まれてくる赤ちゃんにもメリットがあることをご存じですか? 高齢出産になったとき、どんなメリットがあるのかを見てみましょう。

葉酸の妊娠時期ごとの必要量・効果
生活の基盤が安定
一般的に、世代が上がるほど経済力は高まるもの。20代よりも30代で出産を迎えたほうが、安定した生活を送りやすいでしょう。
特に、家計に大きな影響を与えるのが、住まいの問題です。マイホームの購入や転居などは、金銭的にも身体的にも負担が大きい作業です。契約や購入だけでも大変ですし、注文住宅を選ぶとさらにその負担は増えるでしょう。
大切な時期だからこそしっかりと貯蓄をしておきたいところですが、妊娠をするとなると減収を避けるのは難しいもの。経済的に圧迫され、想定していた住まいを手に入れられなくなることもあり得ます。20代のうちに夫婦で力を合わせて貯蓄をしておくことで、理想の住まいを獲得しやすくなるでしょう。
また、住まいに関する一連のイベントを妊娠前に済ませておくことができたら、経済的にも生活環境的にもその後の見通しが立てやすくなります。生活の基盤が整い、妊娠・出産・育児の各段階で余裕を持って赤ちゃんと向き合うことができるでしょう。
復職もスムーズに進みやすい
妊娠前に貯金だけでなくキャリアもしっかりと重ねておくと、復職後の仕事もスムーズに。実績を生かすことで産後の働き方においても選択肢が広がり、理想的な働き方を実現しやすくなります。
産後はこれまでの生活と一変するため、妊娠前と同じように働けなくなることも。それに伴い転職の道を選ぶことになった場合も、キャリアは大きな財産となり、新たな環境で活躍するための武器になります。
また、育児を重視した働き方を模索したいときも、産前のキャリアが有効に使えることも。専門的な技術を修得していると、在宅勤務やフリーランスとして自宅で働くという選択肢も生まれます。
完全在宅でなくても、フレックスタイムやテレワークの導入などを積極的に行い、ママにとって自由な働き方を支援している企業も増えています。こうした企業で働きたいときも実績があれば即戦力として受け入れられやすく、さらなるキャリアアップも夢ではありません。
働き方の選択肢が広がるほど、ママの心にもゆとりが生まれます。仕事や経済面で余裕を感じられると、ママのストレスもたまりにくくなるでしょう。ママの笑顔は赤ちゃんにとってかけがえのないものです。ママが公私ともによい環境に身を置くことは、赤ちゃんの健やかな成長につながるでしょう。

高齢で妊娠したときに注意したいこと

高齢出産健康や日常生活において敏感でありたいもの。ママと赤ちゃんの健康を守るために注意したいことを考えてみましょう。

高齢で妊娠したときに注意したいこと
生活習慣
高齢出産は妊娠高血圧症候群や産後の経過の問題などで、医療によるケアを必要とする人が少なくありません。健康管理に注意する必要がありますが、安静にしてばかりではかえって悪影響になりがちです。
出産では体力を必要としますし、産後の育児もハードです。妊娠中の運動不足で体力が低下しないよう、医師の許可が得られる範囲内で散歩や水泳、体操など適度な運動を行いましょう。
自宅や近所で運動するのもいいですが、仲間と楽しく運動する習慣をつくるのもおすすめです。マタニティヨガや体操教室など妊婦向けのスクールが増えており、レッスンを通じて仲間との交流を楽しみながら定期的に運動することができるでしょう。
食事
食事はママと赤ちゃんにとって健康の源。1日3食を規則正しく食べることが大切です。塩分のとりすぎはむくみや妊娠高血圧症候群の原因になるため、薄味を意識しましょう。薄味が苦手な方は、ダシやレモン汁、ごま油、香味野菜などで風味をつけると塩分をカットしてもおいしく食べられます。
また、栄養不足にならないためにも、野菜は毎回の食事で取り入れたいところです。高齢出産にかぎらず、妊娠中はお腹の中で赤ちゃんが発育を続けていくので、普段よりも多くの栄養素を必要とします。妊娠中に求められる栄養素をしっかりと補い、赤ちゃんの成長を促しましょう。
肥満・体重管理
年齢を問わず、妊娠中の健康管理において体重管理が重要とされています。赤ちゃんの成長に伴って体重の増加は避けられませんが、必要以上に体重が増えすぎると妊娠高血圧症候群につながる可能性が高まります。
高齢出産では若い時期での妊娠・出産よりも、体重管理に負担を感じやすいことが。年齢を重ねると基礎代謝が低下するため、若い頃と同じように食事をとると当時より太りやすい傾向にあります。高齢出産をする場合は、若い妊婦さんよりもストイックな体重制限が必要になるといえるでしょう。
ただし、ハードな運動や栄養状態を損ねるような食事制限はNGです。病院の指導に従って適切な体重管理を心がけましょう。
病気の早期発見
妊娠中の病気はママの身体だけでなく、お腹の中にいる赤ちゃんにも影響を与えてしまう可能性があります。母子の健康を守るためにも、妊娠中は病気への注意が欠かせません。
妊娠した女性は免疫力が低下し、さまざまな病気にかかりやすくなります。薬の服用が制限されるため、治療ができずに悪化してしまうことも。不調を感じたら病院へいき、医師の診察を受けましょう。

高齢で妊娠したときのリスク

高齢出産で特に知っておきたいのが、ママと赤ちゃんの健康に関わるリスクです。35歳以上の出産では、どのような危険があるのでしょうか。

高齢で妊娠したときのリスク
障害・染色体異常のリスク
高齢出産では、初期流産に影響する染色体異常のリスクが懸念されます。全染色体異常の頻度を調べたデータをみると、20歳の妊婦では1/526のところ、40歳では1/66と約8倍に上昇。ダウン症も高齢出産でリスクが上がり、20歳では1/1,667のところ、40歳では1/106になります。
しかも、40歳以降では1つ年齢を重ねるたびに染色体異常の頻度が上昇する傾向に。全染色体異常は41歳では 1/53、42歳で1/22、43歳で1/18、と上がっていき、46歳には1/8となります。このように、年齢と初期流産率は比例するように上がると考えられます。
また、ダウン症も同じような上昇傾向が見られ、41歳で1/82、42歳で1/63、43歳で1/38、そして46歳で1/23まで上がります。40歳以上の高齢出産が赤ちゃんに与えるリスクは高く、35歳を境目に上昇傾向が見られます。35歳以上の妊娠では、赤ちゃんへのトラブルを障がいや流産の可能性を意識して出産計画を立てる必要があるでしょう。
難産・流産のリスク
高齢出産は出産そのもののリスクも上がります。初期流産率の増加がみられ、子宮内で胎児が死亡するケースもあります。高齢で妊娠すると赤ちゃんを生むときに自然分娩が難しい人も少なくなく、帝王切開をせざるを得ない人が増えるのも特徴です。
高齢での妊娠は合併症になる確率も高く、これも帝王切開を避けられなくなる原因のひとつといえます。また、出産時は産じょく出血のリスクも見逃せません。出血による母体への影響は強く、ママの命にかかわる大きな問題でもあります。
高血圧・糖尿病のリスク
合併症のリスクについても詳しく見てみましょう。40歳を超えると、妊娠高血圧症候群の発症頻度が約8%となり、35歳未満の妊婦さんのほぼ2倍に。重症化した場合は、脳出血や失神・けいれんを起こしたり、亡くなったりする可能性も否めません。
日本産婦人科医会の報告によると、ママが命を落とす原因の18%が脳出血や脳梗塞となるのだとか。脳出血で亡くなった人の28%が妊娠高血圧腎症関連を背負っており、合併症によるリスクは看過できないものだといえます。
また、妊娠糖尿病も加齢によって発症リスクが上がります。35歳以上の妊婦さんが発症する頻度は、20〜24歳の8倍、30〜34歳の2倍にもなります。妊娠糖尿病のリスクの特徴は、羊水過多、妊娠高血圧症候群などをはじめ、ママと赤ちゃんの双方にかかわることです。大切な2つの命を守るためにも、高齢出産によるリスクはきちんと学んだうえで妊活を考えたほうがよいでしょう。

高齢出産と葉酸の関係

さまざまなリスクの上昇が見られる高齢出産。大変な出産になると予想されるため、あらかじめできる対策はとっておきたいところです。そこで注目したいのが、葉酸のチカラです。
妊婦さんにとって欠かせない栄養素といわれる葉酸は、高齢出産においてもママと赤ちゃんのためにそのチカラを発揮します。

高齢出産と葉酸の関係
高齢出産リスク回避の栄養素
葉酸には、高齢出産においても赤ちゃんの正常な発育を支える大切な栄養素です。
それは葉酸が細胞の合成や修復を助ける働きを持っているからです。妊娠初期に葉酸を多く摂取することで、胎児の細胞分裂が活性化し、赤ちゃんの成長に良い影響を与えるといわれています。
胎児が形成される時期にしっかりとした細胞分裂が行われることが重要です。最も細胞分裂が活性化し細胞が形成される妊娠12週までの間にしっかりと葉酸を摂取しましょう。
栄養や体調管理に気をつける
高齢出産はリスクや不安もつきものですが、あくまで統計上の数字であり、高齢でも元気な赤ちゃんを産む人はたくさんいます。同時に不安などのストレスをためないようにし、十分な栄養とこまめな健康管理などの対策をして、妊娠中は定期検診も欠かさないようにしましょう。
高齢出産の場合は若いときに比べて体力が落ちたり栄養が不足しやすいので、規則正しい生活習慣を維持しようと心がけることが大切です。葉酸は丈夫な赤ちゃんを産むためだけでなく、母体が元気でいるためにも大切な栄養素ですので意識的にきちんととっていきましょう。

高齢出産をクリアするために

高齢出産にはさまざまなリスクがつきものです。年齢を重ねれば重ねるほどリスクが上昇するため、妊娠中の過ごし方がとても重要になります。生活習慣や体重管理、病気の早期発見など、気をつけたい注意点をきっちりとチェックしましょう。
年齢によるリスク上昇を回避するのは難しいですが、日常生活が起因となるリスクは日頃の心がけで低下させることができます。ママと赤ちゃんの健康を守るためにも注意点を意識しながらマタニティライフを過ごし、出産へと臨みたいですね。

高齢出産をクリアするために
参考文献

次のページ >
「"最近記憶力が…"それはひょっとして葉酸不足かも?」

高齢出産の注意点や準備 高齢で妊娠したときのリスクは?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。