サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊娠生活と栄養

妊娠中に注意すべき栄養素とは?

妊娠中は、赤ちゃんのためにまんべんなく栄養を摂ったほうがいい…というイメージはありますが、逆に摂らない方がよい栄養素、食べない方がよいものはあるのでしょうか? あまり知られていない、妊娠中に注意すべき食べ物や栄養素をまとめました。

ビタミンA
ビタミンAは身体のために必要な栄養素ですが、過剰摂取には注意が必要です。妊娠3か月まで期間においてはビタミンAの過剰摂取により、赤ちゃんの形態異常が増える可能性があるといわれています。通常の食事で過剰摂取になることはほぼありませんが、この時期にビタミンAのサプリメントなどを大量に摂取することは控えましょう。ビタミンAには、動物性由来の「レチノール」と植物性由来の「ベータカロチン」という2種類があります。このうち「レチノール」は体内に蓄積しやすく、それが過剰摂取の原因となるため、レチノールは避けた方がよいとされています。栄養補助のためサプリメントを常用している人は、ビタミンAの種類に注意しましょう。
魚介類
近年の研究では魚類に含まれる水銀が過剰摂取になることで、胎児に影響を与える場合があると注意を喚起されています。とはいえ、通常の食事では過剰摂取となる危険性は低いですし、赤ちゃんに必要なDHAなども豊富に含まれているので、神経質に制限する必要はありません。一般的には、妊娠中期に比較的メチル水銀を多く含むマグロや金目鯛など大型の魚を食べることは少し控えて、サバやイワシなど小魚を中心とした食事をとることが推奨されています。
健康的でバランスのよい食事を
妊娠中以外でも、健康のために化学的な調味料や添加物、アルコールの大量摂取は控えた方がいいことは知られています。また同じ食品をひたすら食べ続けるなどの無茶をせず、通常の食事を心がけておけば問題が出る可能性は少ないでしょう。考えるべきは、「バランスのよい食事」です。栄養を気にしすぎて自己流の食事制限などはせず、まんべんなくいろいろなものを食べるなど健康的な食事を心がけることで、身体に必要な栄養素が自然に摂取できるでしょう。

次のページ >
「妊娠がわかったら、どの時期に葉酸を摂るのがよいのでしょう?」

妊娠中に注意すべき栄養素とは?

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。