サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊娠生活と栄養

授乳中のママは知っておきたい、葉酸が母乳に良い理由

妊娠中に摂取を推奨される葉酸は、胎児の成長に役立ったり貧血を防いだりするだけではありません。母乳にもよいことが知られ、妊娠中だけではなく授乳中のママにもおすすめされる栄養素です。なぜ母乳にいいのか、その理由を詳しくまとめました。

母乳はどうやって作られるのか
妊娠すると「葉酸は妊娠中に必要なものである」という知識はいろいろなところで聞くと思います。しかし、妊娠中だけではなく出産後も積極的に摂取をすすめられる成分でもあります。なぜなら葉酸は「造血のビタミン」と呼ばれるほど血液の生成に関わっているからです。母乳は血液から作られるため授乳期は多くの血液が必要になりますが、葉酸不足になれば赤血球がうまく作られず貧血となってしまいます。母乳のもとになる血液をしっかりと作るために、授乳中も葉酸をしっかり摂取することが必要になります。
赤ちゃんには母乳を通して届けられる葉酸
人は常に細胞分裂を繰り返していますが、成長が早い赤ちゃんは大人よりも早いスピードで細胞分裂を繰り返します。「葉酸不足になると成長が遅れる」とまでいわれるほど、赤ちゃんには葉酸が必要となります。赤ちゃんに対しては、母乳を通して葉酸を届けることができますから、ママさんがしっかりと葉酸を摂取し、良質の母乳をしっかり作ることが大切なのです。
子宮の回復にも!
母乳で育つ赤ちゃんにとって、葉酸は必要な成分です。さらに、葉酸は母体の健康にも大きく関わっています。母親は母乳を作るために血液をたくさん使っているため貧血を起こしがちですが、葉酸はこれを防いでくれます。
また、出産は母体にとって大きな負担となりますが、産後の子宮の回復にも役に立ってくれるのです。厚生労働省は、授乳中の母親も葉酸を積極的に摂取することを推奨しています。葉酸は妊娠中に摂取すべき栄養素だと思いがちですが、元気な赤ちゃんを育てるため、また産後のケアのためにも、出産後も定期的に摂取することをおすすめします。

次のページ >
「妊婦に必要な栄養素とは」

授乳中のママは知っておきたい、葉酸が母乳に良い理由

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。