サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊娠生活と栄養

赤ちゃんがNG?妊娠初期に注意したい飲み物

アルコールはキッパリ断ちましょう
妊娠中は、アルコールやコーヒーなど刺激の強い飲み物はなるべく避けたほうがいいといわれています。その原因について探ってみましょう。
アルコールについては「ビールやワインならグラス1杯程度くらいはいいのでは?」という意見もありますが、妊娠中の飲酒は胎児性アルコール症候群(FAS)の要因となります。
これは母親が妊娠中~授乳期にかけてアルコールを摂取することにより赤ちゃんに知能障害があらわれるという疾病で「1日にアルコール○○ミリリットル未満ならOK」といったガイドラインはありません。赤ちゃんの健康を願うなら、お酒好きの人は妊娠中にはキッパリとアルコールを断つ決心をしましょう。
カフェインの多い飲み物も避ける
妊娠中はコーヒーや紅茶、緑茶などカフェインを含む飲み物もなるべく控えましょう。カフェインは胎盤を通って赤ちゃんの体にも吸収されます。カフェインは中枢神経を興奮させる作用があり、また胎児の発育遅延リスクがあるとされています。そのため、あまり摂取しないほうがよいのです。特に妊娠初期は気をつけましょう。
また、カフェインはカルシウムや鉄分などのミネラルの吸収を妨げるため、妊娠中におきやすい貧血を助長する原因になるとも考えられます。いくら貧血予防に葉酸などのサプリメントを飲んでいても、カフェインの多い飲み物を飲んでいてはムダになってしまいます。
ただし、コーヒーや紅茶は「まったく飲んではダメ」ということではなく「飲み過ぎに注意」ということのようです。食品安全委員会や国立生育医療健康センターの資料にも具体的な摂取上限量などは定められていません。一般的にはコーヒーや紅茶は「1日1~2杯程度なら大丈夫」といわれることが多いようです。
なお、母親が摂取したカフェインは母乳にも含まれるため、授乳期もこうした飲料は控えましょう。
妊娠中にベストな飲み物は?
妊娠中にふさわしい飲み物は、麦茶などのノンカフェインのお茶や、ジンジャー、ミントなどのハーブティーの一部といわれています。ただし、すべてのハーブティーが妊婦さんの体によいというわけではありません。ハーブティーの中には妊婦さんの飲み物としてふさわしくない成分が含まれているものもあります。ハーブティーを飲むときは成分に気をつけて選びましょう。

次のページ >
「妊娠中におすすめの果物は?」

赤ちゃんがNG?妊娠初期に注意したい飲み物

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。