サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊娠生活と栄養

妊婦に必要な栄養素とは

新しい命を育む妊娠。妊娠中の食事は、普段よりも栄養バランスに気をつけたいものですが、特に妊婦さんにとって積極的に摂取したほうがよい栄養素とはどのようなものがあるのでしょうか。

胎児の成長にとって重要な葉酸
良質な血液を作る葉酸は、タンパク質や遺伝子を作るためにも欠かせない栄養素です。妊娠時に葉酸が不足すると、胎児が神経管閉鎖症になりやすくなるといわれています。特に妊娠初期においては、胎児の成長のために意識して積極的に摂取したい栄養素といえるでしょう。
葉酸はほうれん草や小松菜などの葉ものの野菜に多く含まれます。他には、レバーや果物などにも含まれています。ただし水や熱に弱いため、調理すると約半分の量に減ってしまいます。妊娠中に必要な量の葉酸を毎日食べ物から摂るのは難しいので、葉酸サプリメントなどで補完することを推奨されています。
血液を作るために欠かせない鉄分
鉄分もまた、血液を作る成分として欠かせません。鉄は全身に酸素を運ぶためにとても重要な栄養素です。鉄分不足は貧血を招くことがよく知られていますが、お腹が大きくなってから立ちくらみなどを起こすと大変危険です。妊娠する前よりも多めに摂ることを心がけましょう。
鉄分は単体では吸収されにくいので、ビタミンCやタンパク質を一緒に摂るようにするとよいでしょう。鉄分を多く含む食べ物としてレバーが知られていますが、卵やあさり、大豆などにも含まれています。これらには他の栄養素も含まれていますから、バランスよくいろいろな食べ物から摂るようにしましょう。
胎児の骨格を形成するカルシウム
骨や歯をつくるカルシウムは、もともと日本人に不足しがちな栄養素といわれています。とりわけ妊娠期は、骨や歯、血液など胎児の体作りに必要になるため、重要な栄養素です。通常は、血液中にあるカルシウムは一定の濃度を保つようになっています。ところが血液から不足すると、骨や歯などから溶け出してしまいます。つまり胎児に必要なカルシウムが足りなくなると、母体の骨から胎児にまわしてしまいます。そうなると、ママさんの歯が弱くなったり、閉経後に骨粗しょう症になったりします。カルシウムは毎日意識して摂取したい栄養素です。カルシウムが多く含まれる食品は、チーズや牛乳、煮干し、小松菜などです。

次のページ >
「妊娠中に注意すべき栄養素とは?」

妊婦に必要な栄養素とは

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。