サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊活について

妊活中の服装は「冷え」対策+ファッション性で決める

妊活中のおしゃれは「冷え」に注意!
妊活中でも仕事もあれば付き合いもあります。しかし、たとえ家事が中心の生活でも、「おしゃれすることは諦めたくない!」というのが女性です。もちろん妊活中でもおしゃれを我慢することは全くありません。
ただ、妊娠に気がついた頃には既に2か月目ということも少なくありません。自律神経の乱れや血行不良の原因となり赤ちゃんにも悪影響を与えてしまう「冷え」の防止や転倒予防するために、腰を冷やすファッションやヒールの高い靴などは避けたいところです。特に冷え取りは妊娠しやすい体作りにもつながるので、普段から心がけておくことが大切です。
ポイントを押さえてファッションを楽しむ
なぜ「冷え」はそんなに体に悪いのでしょうか。
体が冷えると血液のめぐりが悪くなります。血液は体中に酸素や栄養素、体の調子を整えるホルモンを届ける働きを担っているので、これが滞ると体の機能が低下します。その結果、妊娠前なら卵巣機能や黄体機能など生殖機能の低下を招き妊娠しにくい体に、妊娠後なら赤ちゃんに十分な栄養が送れずに早産や流産になる危険性が高まってしまうのです。
そんな体の冷えを防ぐためには、まず骨盤回りを温めることです。
体を締め付ける下着や靴は血流を悪くしてしまうので、避けたほうが無難です。薄手でも保温性・ファッション性ともに高い下着がたくさん売られているので、これらをうまく利用しましょう。
また、もう一点気をつけたいのは足元の保温です。暖かい日でも素足で過ごすと体の末端から冷えてしまうので、ストッキングや靴下を履くのがおすすめです。こちらも天然素材で重ね履きができる可愛くおしゃれな靴下やレギンスもたくさん販売されているので、うまく取り入れて、冷えないファッションを楽しみましょう。
体の中からも温めよう
ファッションに気をつけるとともに、体の中から温めてあげることも効果的です。例えば、常な血液を作るのにも大きな働きが期待できるもの。意識的に摂取することで、血行を促進し、冷え症改善にも役立つのでぜひ試してみてください。

次のページ >
「妊活にファストフードはよくない?」

妊活中の服装は「冷え」対策+ファッション性で決める

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。