サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊活について

「排卵日にセックスすれば妊娠する」は間違い

排卵日を意識するのは妊活の基本です。けれども、「一番妊娠しやすいセックスの時期は排卵日ではない」という事実は、意外に知られていません。妊娠が可能なのは排卵日の5日前~当日の6日間ですが、このうち妊娠の可能性が高くなるのは排卵日4日前からです。なかでも排卵日2日前~前日が最も高く、その妊娠しやすさは排卵日当日の約4倍という研究データもあります。一方、排卵日当日のセックスでは、妊娠はでききますが、その80%は妊娠6週までに淘汰されてしまうのです。

排卵日の安定には体の調子を整えること
なぜ排卵の前日、前々日の方が妊娠の確率が高いのでしょうか。その理由は、排卵された6時間後から卵子の劣化が始まるからです。
「排卵が始まる時にすでに周りに精子が待機している」という状態が、妊娠にとってベストな状態です。そこで大事になってくるのが「正確な排卵日はいつ?」ということですが、「確実にこの日!」と判断できる便利な方法はなく、基礎体温やおりものの状態の観察、排卵日検査薬などを併用して予測するしかありません。
また体が冷えていたりストレスが溜まっていたりすると月経不順にもなりやすいので、妊活中は体の調子をしっかり整えることが大切です。
「睡眠をしっかりとる」「適度な運動をする」「栄養のあるものを食べる」「冷えの改善・自律神経やホルモンバランスの調整を助けてくれる葉酸を意識的に摂取する」など、日常生活の過ごし方に気を配りましょう。
さらに妊娠する確率を高めるために
妊娠の確率は思ったほど高くありません。
若くて健康なカップルが排卵日の前日・前々日のベストタイミングでセックスしたとしても、その周期で妊娠する確率は体調や環境などでも変わってきます。ベストなタイミングを狙って1回だけよりは、妊娠可能な期間に多くセックスした方が妊娠の可能性は高まります。
また喫煙は、男性では精子の数の減少、女性では排卵機能の低下などを招き、胎児の発育にも悪影響を及ぼすので、妊活中は男性、女性ともにたばこはやめましょう。将来生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊活を契機に禁煙するのも選択肢の1つです。

次のページ >
「妊活の基本ツール・基礎体温表の正しいつけ方・読み方を知ろう」

「排卵日にセックスすれば妊娠する」は間違い

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。