サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊活について

卵子の数は生まれながらに決まっている

成長とともに卵子は減っていく
卵子のもとになる卵母細胞の数には限りがあるということを知っていますか。 卵母細胞は、胎児の頃がピークで約700万個が作られます。その後は減っていく一方で、増えることはありません。
出生時には約200万個になり、初潮が始まる頃には約30万個にまで減少します。その後も1回の排卵周期ごとに約1,000個ずつ減少し、30代後半で急速に減少し、最終的には卵母細胞がなくなって閉経します。
精子は使い切っても増やすことができる
卵子と精子が決定的に違うのは、使い切ってしまった後に再び作り出すことができるかどうかです。精子は一度使い切っても、新たに精子のもとになる細胞を増やすことができます。そのため何歳になっても新しい精子を作ることができるのです。
これに対して卵子は生まれた時に数が決まっていて、それを閉経までの長い時間をかけて使い切ります。使い切ったら、もう新しい卵子が作られることはありません。
年齢が上がると卵子の質も低下
年齢が上がると減少するのは卵子の数だけではなく、卵子の質も変化します。自分の卵子を用いた不妊治療では、女性の年齢の上昇に伴って妊娠・出産率が下がります。
しかし、年齢の若い女性から卵子提供を受けた場合は、母体の年齢が上がっても妊娠・出産率の低下が見られないことがわかっています。こうした治療結果からも、年齢が上がると卵子の質が低下することがわかります。
年齢とともに減る一方である卵子の数ですが、「何歳で卵子が何個」というのははっきり決まっているわけではありません。卵子の数は個人差が大きいといわれています。
卵巣年齢を調べる検査も
最近では、自分の卵子の残り数を調べるAMH(アンチミューラリアンホルモン)検査という方法もあります。発育途中の卵胞から出るホルモン値を調べることで、卵巣年齢を調べることができる検査です。
卵子の数は増やすことはできませんが、質を保つ努力はすることができます。規則正しい食生活で健康な身体を維持することは、卵子の質を保つのに役立ちます。その際には、血流を改善して卵巣の環境も整えてくれる、葉酸なども上手に取り入れるとよいでしょう。

次のページ >
「妊活は男性も積極的に」

卵子の数は生まれながらに決まっている

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。