サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊活と葉酸

妊活は男性も積極的に

妊活をしている夫婦のうち、男性は特に何もしないといったケースが多いようです。赤ちゃんを産むのは女性ですが、赤ちゃんを授かるためには男性の力も必要です。特に丈夫な赤ちゃんを産むためには、男性の努力も必要となってきます。
では、具体的にはどういったことをすればいいのでしょうか。

先天性奇形リスク回避に男性も葉酸摂取を!
妊娠中の女性に推奨されている葉酸ですが、実は妊活中の男性にも必要な栄養素になります。
妊婦が摂取することで、母体の中の胎児の細胞分裂が促されますが、同じように男性が摂取することで精子の細胞分裂が活発に行われるようになります。この精子の細胞分裂こそ、赤ちゃんの先天性奇形のリスクを回避するための大切なポイントになります。
先天性奇形は卵子と精子の分裂の仕方によって決まってしまいます。葉酸が不足し、卵子や精子の細胞分裂がスムーズに行われないことで、染色体異常が生じてしまう場合があります。この染色体異常が生じた卵子または精子が受精すると、先天性奇形につながる可能性があるのです。
つまり、卵子と精子どちらにとっても活発な細胞分裂は、先天性奇形のリスクを回避するために大切なことであり、そのためにも葉酸は大事な栄養素であるといえるでしょう。
ある研究では、男性が葉酸不足の場合、パートナーの女性の妊娠率が低くなるという結果も出ています。確実なメカニズムはまだ解明されていませんが、事前にリスクを回避するためにも、必要な栄養には気を使うことが大切でしょう。
男性がとる量はどれくらい?
妊活中の男性にとって葉酸が必要な栄養素といっても、妊娠中の女性ほど多くと摂取する必要はありません。
厚生労働省では成人男性の推奨と摂取量を240㎍(マイクログラム)としています。この量を基準として食べ物やサプリメントで補うようにしましょう。摂取するタイミングについては、男性の場合精子が生成されるまでに3か月かかるとされています。染色体異常のリスクを回避するためにも、妊活3か月前から意識的に葉酸をと摂取することがおすすめです。

次のページ >
「胎児の生死にかかわる神経管閉鎖障害とは?」

妊活は男性も積極的に

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。