サプリメント・健康食品の美的タウン

サプリメント・健康食品の通販なら 美的タウン Biteki Town

葉酸コラム

Folic Acid Column

妊活、妊娠期に欠かせない栄養素として注目の「葉酸」について
さまざまな内容をわかりやすく解説します。

妊活と葉酸

妊活中に食べたい物はこれ!

妊娠力に直結する食習慣
食べ物は体を作るエネルギー源。妊娠力を高めるためには、栄養のある食事をきちんととり、規則正しい生活をすることが非常に重要です。
妊活中もダイエットをしている人も多いですが、肥満から適正体重へ戻すことは別として、極端に食べ物を制限するようなダイエットは好ましくありません。
精子や卵子の運動率が低下する、妊娠を妨げる主要原因である冷え性や貧血になりやすくなる、同じく妊娠の確率に大きな影響を及ぼすストレスのもとになるなど、悪影響ばかりを招いてしまうので注意しましょう。体が変化するには時間がかかるので、妊活を始めたら一度食習慣を見直してみるのがおすすめです。
1日3食を基本に体を温めるメニューを
では、どういうところに気をつけて、食生活を見直したらいいのでしょうか。
まず基本となるのは、「1日3食バランスのとれた食事をする」ということです。体のホルモンバランスを整えるのにも役立ちます。また、妊活の敵である「冷え」対策も大切なポイントです。
低脂肪高たんぱくの赤身肉や魚などで体作りのもととなるたんぱく質をしっかりとり、ごぼうやにんじんなどの根菜類、りんごやさくらんぼなどの北方産のくだもの、味噌や明太子など塩気のある食べ物など、体を温めてくれる食品を積極的にとり入れるようにしましょう。
妊活中は避けたいカフェインの代わりに、ハーブティーや、冷え性の対策として知られている、しょうがなども効果的ですが、偏りすぎは禁物です。ほかのメニューとのバランスを考えてうまくとり入れるようにしましょう。
意識してとりたい葉酸・鉄分
これに加えて、葉酸や鉄分、ビタミンEなども妊活中に特に注意すべき栄養素です。
葉酸は妊娠4週~12週ぐらいに多く必要となる栄養素で、これが不足していると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などの先天性障害にかかるリスクが高まるといわれています。
また、鉄分は貧血の防止、ビタミンEはホルモンを整え流産防止にも効果があります。これらを多く含む食材である葉物野菜やくだもの、海藻、青魚などもぜひメニューに加えて、妊娠力の高い体作りに役立ててください。

次のページ >
「妊活で最初にやるべきは"体を温める"」

妊活中に食べたい物はこれ!

美的タウンは、カラダの中からキレイと健康をつくることを目指して、研究開発にこだわり妥協をせずに本物をつくることを心がけたサプリメントをはじめ、ハーブティーや化粧品を販売しております。